より良いページに改善するA/Bテストのマル秘活用テクニック

女の人

テスト項目が大事

男の人

サイトの訴求ポイントがユーザーにヒットしているかどうかを見るA/Bテストは、ビジュアルだけテストすればいいものではありません。その他にもキャッチコピーやクリックボタンのテストをすることが大切です。

詳しく読む

分析対象を増やす

サイト

A/Bテストを実施する際は、とにかく改善ポイントを手当たり次第テストすればいいわけではありません。どのような検証を行ないデータを出すかを考える為に母数やテスト対象の洗い出しを準備していくことが大切です。

詳しく読む

ユーザーが求めるページへ

ABテスト

商品やサービスをより良く紹介

ランディングページやECサイトなど、インターネットを軸にビジネス展開していく際は、サイトを最適な状態にしておく必要があります。最適化されていないページだと、どんなに魅力的な商品やサービスを取り扱っている企業であっても、それが伝わることなくスルーされてしまうことでしょう。しかし、最適化できれば、訴求ポイントが分かりやすくストレートにユーザーへ届けることが可能。これにより、ページの訪問数やクリック数が増えてページ離脱を大幅に減らすことができるのです。
ただ、ページの最適化は簡単にできるものではありませんし、根拠のない状態で変更をしても意味がありません。ですからA/Bテストのような検証を実施することによって、ユーザーが求めているページのヒントを得る方法が効果的です。

ひとつのシステムで実施可

A/Bテストは今やインターネット上でサイトを展開している企業の多くが実施しているもので、ユーザー獲得や顧客満足度を高める目的で利用されています。それは、A/Bテストを実施することで明確にどっちの状態が良いかを判断できるようになるからであり、その通りに進めたら結果が出やすいからでしょう。それに、A/BテストもDMPと同じベースでテストできる最新システムが登場しているので、サイトの分析から改善までひとつのシステム内でカバーできます。ユーザー目線でサイトを最適化していくことにより、商品やサービスのPR力を高めることができるので実施して無駄になることはありません。

精度を高める

男女

自社のサイトやLPを最適化する時に用いられるA/Bテストは、何度も繰り返して精度を高める必要があります。また、分析結果においてもプロのコンサルタントのアドバイスを受けて、目的を達成するものにしていきましょう。

詳しく読む