より良いページに改善するA/Bテストのマル秘活用テクニック

男性

分析対象を増やす

サイト

ホームページをより良い状態にするために用いられるA/Bテストは、単に導入してテストをしたらいいわけではありません。検証結果が正確に出るように考えていかないといけないため、設計を固める必要があります。
その理由はA/Bテスト自体が、検証数が多いことによってはじめてデータの価値が上がるからでしょう。少ない検証数ではAかBのどっちが良かったかを決定づける動機付けになりません。ある程度の数を用意することで、選ばれる方を採用した方が結果的にホームページの最適化へと繋げることができます。

A/Bテストを行なう時は、とにかく課題となる画像やテキストを片っ端から行なうのも無駄に終わる可能性があります。「結果的にホームページのアクセス数や購入数が増えればいい」。このような結論になるかもしれませんが、テストを行なう上では精度の悪いものとなります。
これはホームページを最適化する際にある程度検証するところを決め打ちしないと意味がないからです。また、目的をもたないA/Bテストの実施もあまり効果的であるとは言えません。ですから、まずは仮説を立てた上でターゲットが目的を達するにはどうしたらいいかを考えます。それを元に必要となる項目に対してA/Bテストを行なうことで、自ずと結果を出すことができるでしょう。この結果が正確になればなるほど、他に持っているWebページやランディングページに活かすことが可能になります。ですから、実際にA/Bテストを行なう際は、専門業者に相談をした上で計画的に進めて意味のある検証を行なうことを考えていきましょう。