より良いページに改善するA/Bテストのマル秘活用テクニック

男性

テスト項目が大事

男の人

訴求するポイントをしっかり選定してより良いWebページにしていくA/Bテストは、導入している企業も多いです。特にランディングページを作成して運営している企業は、いかに効果の高いページにするかがポイント。この効果によって商品の売れ行きが左右することになるので、サイトの最適化は必須と言えるでしょう。そのような時に役立つのがA/Bテストであり、ターゲットとなるユーザーが必要な情報を得ることができるページに仕上げることが可能です。

A/Bテストを行なう時は、主にビジュアル面を変えるテストを実施されているイメージがあります。ただ、これだけでは本当にユーザーへ訴求しているページに繋がっているかどうかを見ることはできませんし、結果も出ません。本当にA/Bテストを意味あるものにするには、他の項目でもテストをする必要性があります。一番大事な部分にあたるのはキャッチコピー。ファーストビューでどのようなキャッチコピーがくるかによって、ユーザーは興味を示すか示さないかが変わってきます。ですから、表現方法や訴求ポイントがズレていないかどうかを見るためにA/Bテストを実施する意義があります。
また、ランディングページでは、通常のサイトにはないクリックボタンも重要視されます。これは、クリックしやすいボタンデザインや誘導になっているかを見極めるテストであり、実際に最適化するとククリック数が変わります。いずれもユーザー目線で最適な状態が可視化されるA/Bテストを実施することで指標が見えてくるので、試しにチャレンジしましょう。